歴史・文化

松尾芭蕉

1682年の冬、江戸で大火があり、家や財産を失った数千名の中に、有名な俳人、松尾芭蕉(1644~1694)がいました。火事の後、家を失った芭蕉は、この地を統治していた大名の家老である、弟子の高山伝右衛...

桃林軒

この小さな建物は、有名な俳人、松尾芭蕉(1644~1694)が住んだ「桃林軒」を復元したものです。 芭蕉は武士の家に生まれましたが、文学を追求するために地位や特権を放棄しました。彼は俳句にミニマリズム...

谷村町駅舎

富士急行線谷村町駅舎は、1929年に西洋の建築様式を用いて建てられました。西洋の建築様式は、当時の日本における近代化の精神を表しています。ほとんど木造ですが、白いモルタルの層が外壁を覆っており、屋根は...

円通院

円通院は1467年に建てられたと考えられています。本来は観世音菩薩を信仰するお寺です。 寺の創設時に建てられたこの観世音菩薩は、現在も寺院内に保管されています。 1633年以降、秋元泰朝氏の希望で曹洞...

長安寺

昔、この寺院が現在立っている敷地は、13世紀から16世紀にかけてこの地域を統治した小山田氏の別荘がありました。 小山田氏の後、新しく統治者となった鳥居元忠は、感貞大和尚としても知られている高僧の生誉上...

高尾神社

高尾神社は、谷村第一小学校から徒歩数分にある、家中川沿いの小さな公園の隅にあり、流れる水のささやきの中に建てられています。 入り口には大きな石に神社の名前が彫られ、明るい赤色の文字でエッチングされてい...

石船神社

この神社は、14世紀の護良親王(もりながしんのう)の御首級という、非常に珍しい崇拝の対象を祀っていることでよく知られています。 この護良親王は、有力な戦士である足利直義に対抗し、結果的に現在の東京近く...

桂林寺

この禅寺は、13世紀から16世紀中頃に都留を支配した小山田氏の寺として設立されました。 この寺は1390年代に、格智禅師が臨済宗の教えを広めるためにこの地に訪れました。 小山田冨春は、格智禅師の徳によ...

宝鏡寺

東桂駅の近くにある宝鏡寺は、1356年に建てられました。ここは都留の自然と歴史を体験できる静かな場所です。この寺は、いくつかの伝統的な木造構造の建物で構成されていますが、その中でも特に注目すべきものは...

生出神社

この神社は、近隣にそびえる生出山にちなんで命名されました。その山で起きた不思議な出来事が、神社を建てた理由となりました。伝説によると、西暦703年、村人たちは毎晩そこに登場する奇妙な光を調べるために、...