歴史・文化

大名行列

毎年9月に開催される八朔祭の主なイベントの一つは、大名行列です。これは、数世紀前、藩主が江戸城を往復する際に都留で見られた、封建時代の行列を再現したものです。 このイベントでは、大名、お姫様、侍、その...

お茶壷道中

お茶壷道中とは、宇治(京都)から江戸(現在の東京)へ日本最高品質のお茶を将軍家へ運ぶという、江戸時代(1603~1867)の習慣のことです。しかし、江戸の夏は暑く湿気が多いため、翌年の収穫まで茶の品質...

ミュージアム都留

ミュージアム都留は、訪れる人に都留市の歴史や文化を紹介する目的で、1999年に設立されました。常設展の見どころは、1万年以上前に最初にここに定住した、先史時代の縄文人の遺跡や、16世紀に城下町として栄...

尾県郷土資料館

この資料館は、1878年の完成から 1941年の廃校まで、数世代に渡る地元の子供たちが学んでいた、旧尾県学校を利用しています。校舎は、地元の集会所としても使用され、地域の中心地として重要な役割を果たし...

商家資料館

この建物は、20世紀初頭に、地元産の絹の取引で富を成した、仁科源太郎という都留の有名な商人の住居兼、店だったものです。この地域の絹は、高品質で値段も手頃とあって、大変人気がありました。 1993年、都...

松尾芭蕉

1682年の冬、江戸で大火があり、家や財産を失った数千名の中に、有名な俳人、松尾芭蕉(1644~1694)がいました。火事の後、家を失った芭蕉は、この地を統治していた大名の家老である、弟子の高山伝右衛...

桃林軒

この小さな建物は、有名な俳人、松尾芭蕉(1644~1694)が住んだ「桃林軒」を復元したものです。 芭蕉は武士の家に生まれましたが、文学を追求するために地位や特権を放棄しました。彼は俳句にミニマリズム...

谷村町駅舎

富士急行線谷村町駅舎は、1929年に西洋の建築様式を用いて建てられました。西洋の建築様式は、当時の日本における近代化の精神を表しています。ほとんど木造ですが、白いモルタルの層が外壁を覆っており、屋根は...

円通院

円通院は1467年に建てられたと考えられています。本来は観世音菩薩を信仰するお寺です。 寺の創設時に建てられたこの観世音菩薩は、現在も寺院内に保管されています。 1633年以降、秋元泰朝氏の希望で曹洞...

長安寺

昔、この寺院が現在立っている敷地は、13世紀から16世紀にかけてこの地域を統治した小山田氏の別荘がありました。 小山田氏の後、新しく統治者となった鳥居元忠は、感貞大和尚としても知られている高僧の生誉上...