観光

大名行列

毎年9月に開催される八朔祭の主なイベントの一つは、大名行列です。これは、数世紀前、藩主が江戸城を往復する際に都留で見られた、封建時代の行列を再現したものです。 このイベントでは、大名、お姫様、侍、その...

芭蕉と巡る都留のまち

芭蕉ゆかりの地として、都留市内には芭蕉の句碑が建てられています。 句碑をめぐりながら、都留の歴史・文化・自然に触れてください。 詳細は都留市ホームページでご確認ください。

田原の滝

この滝は、富士山の噴火跡に、桂川が流れ始めたときに形成されました。いずれの側の岸壁にも、溶岩が突然冷却されたときに入った垂直の亀裂によって形成された石柱が見えます。 現在の滝の外観は19世紀から大きく...

太郎・次郎滝

この2つの風光明媚な滝には、十日市場と夏狩の大湧水群の水が流れ、10メートルの高さから 柄杓流川へと流れ込んでいます。言い伝えによると、この2つの滝は、昔、ここで亡くなった、太郎と次郎という、2人の兄...

楽山公園

都留文科大学の山側に隣接している楽山公園。小高い丘に約150本のソメイヨシノが花を開かせ、大学生や子連れの家族がのんびりと過ごしています。桜だけでなく、紫陽花や紅葉といった四季折々の風景や、都留の町並...

駒橋発電所落合水路橋

下から見ると、この古いレンガの建築物は普通の橋のように見えますが、実は、1秒当たり約25立方メートルの水を、近くの大月市にある駒橋発電所へ送っている水道橋です。1907年、駒橋発電所やその他多くの同様...

家中川水力発電

都留の商店街沿いを流れる、小さな河川は家中川と呼ばれ、1639年の建設以来、この街の生活を支えてきました。最初は、飲料水や灌漑用の水を供給するために設計されましたが、近年は、水力発電として、市民を支え...

おなん淵

滝つぼにある、この深い淵には、おなんという若い下女の名前が付いています。おなんは、昔、この地域に住んでいた裕福な男のもとで奉公をしていました。おなんはとても働き者で、まじめな下女でしたが、ある日、主人...

お茶壷道中

お茶壷道中とは、宇治(京都)から江戸(現在の東京)へ日本最高品質のお茶を将軍家へ運ぶという、江戸時代(1603~1867)の習慣のことです。しかし、江戸の夏は暑く湿気が多いため、翌年の収穫まで茶の品質...

ミュージアム都留

ミュージアム都留は、訪れる人に都留市の歴史や文化を紹介する目的で、1999年に設立されました。常設展の見どころは、1万年以上前に最初にここに定住した、先史時代の縄文人の遺跡や、16世紀に城下町として栄...