観光

ツキノワグマ出没に対する注意喚起

ツキノワグマ出没に対する注意喚起

夏季はツキノワグマが活発に活動する時期になるため、予期せぬ遭遇による危険があります。 山梨県内では令和2年9月10日(甲州市)でツキノワグマに襲われる人身被害が発生しました。 都留市内の登山道でも子熊...

大名行列

毎年9月に開催される八朔祭の主なイベントの一つは、大名行列です。これは、数世紀前、藩主が江戸城を往復する際に都留で見られた、封建時代の行列を再現したものです。 このイベントでは、大名、お姫様、侍、その...

神楽

文字通り「神のための娯楽」という神楽(かぐら)は伝統舞踊の一つで、最古の伝説に由来しています。その昔、太陽の女神である天照大神(あまてらすおおみかみ)は、弟と争った後、洞窟に隠れ、その結果、世界は暗闇...

お茶壷道中

お茶壷道中とは、宇治(京都)から江戸(現在の東京)へ日本最高品質のお茶を将軍家へ運ぶという、江戸時代(1603~1867)の習慣のことです。しかし、江戸の夏は暑く湿気が多いため、翌年の収穫まで茶の品質...

仲町屋台(八朔屋台)

仲町が所有する屋台は、最初は1816年に作られましたが、その主な飾幕は18世紀半ばにさかのぼります。屋根は、弓型の入母屋造りの切妻が特徴で、屋根の上には、竜と不死鳥の装飾が施されています。 仲町屋台の...

新町屋台(八朔屋台)

毎年開催される、生出神社の八朔祭(9月1日)では「屋台」が見どころの、壮大な祭礼行列が行われます。行進中、町の住民は、これらの豪華に装飾された屋台を担いで町中を練り歩き、みこしに乗った人々は音楽を演奏...

下町屋台(八朔屋台)

この屋台は、下町が所有しています。正確な時期は不明ですが、元々は、1804年から1817年の間に作られたと考えられています。屋台の後方を覆う飾幕には、「虎」(英語では「竹林の虎」と表現)と題する絵が描...

早馬町屋台(八朔屋台)

この巨大な木製の屋台は、毎年9月に開催される八朔祭で使用される、都留の伝統的な曳山(屋台)の1台です。祭りの間、市民は屋台を手で引いて町中を練り歩き、みこしに乗った人々が音楽や踊りを披露します。市の各...

ミュージアム都留

ミュージアム都留は、訪れる人に都留市の歴史や文化を紹介する目的で、1999年に設立されました。常設展の見どころは、1万年以上前に最初にここに定住した、先史時代の縄文人の遺跡や、16世紀に城下町として栄...

尾県郷土資料館

この資料館は、1878年の完成から 1941年の廃校まで、数世代に渡る地元の子供たちが学んでいた、旧尾県学校を利用しています。校舎は、地元の集会所としても使用され、地域の中心地として重要な役割を果たし...